Masako Imai's Cafe

『過去に架ける虹』感想 02/10/31更新
NHKオーディオドラマ公式サイト オーディオドラマの世界 作品一覧
感想はメールまたは掲示板で随時受け付けています。
過去を変えてはいけないのならどうするのだろう?って思いながら聴いていると出て来たのが「虹」♪その言葉を聴いた途端 パーっと目の前に七色の虹が広がりました。いまいさんのお陰でラジオドラマの魅力を再確認することが出来ました。!(2005/05/16)
■『不思議屋旅行代理店』の最終第10話「過去に架ける虹」を13日(金)の再々放送で鑑賞。第1話の「ランゲルハンス島の謎」と同じように、ちょっといい話のファンタジーの世界に心地よく浸らせてもらいました。”虹”が見事にきまっています。他の回もほとんどチェックしましたが、私が聴いた範囲で題名にふさわしい”不思議旅行”だったのは、結局いまいさんが執筆された2作のみ。1話目があまりに良かったので、他話も追いかけてみたものの、全体を通しての感想はやや期待外れでした。もっと非日常的でSF風な旅行を体験させてくれないと、つまりません。それでも、最後がまたいまいさんのご担当だったので、持ち直しましたが・・・。一番面白かったのは、何といっても第1話の「ランゲルハンス島の謎」で、次が「過去に架ける虹」。別にヨイショする訳ではなく、他の話は現実的すぎて、空想の世界にたゆとう事が出来なかったのです。”いまい脚本”のテイストと似た作品がなかったため、結果としてこの2作が目立つ事になったのは、幸いだったと言えなくもないですが。『不思議屋旅行代理店』にふさわしい【旅行プラン】だったから、1話目と10話目に配置されたのかもしれませんね。当シリーズの第2弾は、ないのでしょうか。いまいさん企画の【旅行プラン】パート3、パート4・・・を実現してほしいものです!(2005/05/15)
昨日きいたよ〜。私はもともと家族愛ものに弱いので、お風呂に入りながらしみじみ実家のお母さんのことを思いだして切なくなってしまいました。15分という短い時間だからか、それともわざとなのか、全部を言い切ってしまわないところが心にくいな〜なんて思ったんだけど、ほんとはどっち??。(*高校の同級生・女性)

タイムトリップものは、好きでよく読んでます。ぱっと思い浮かぶだけでも、小林信彦の彼が経験した60年代活気ある東京もの、広瀬正「マイナスゼロ」の戦前もの、竹内まりやの主題歌で映画にもなった「時空の旅人」の眉村卓、石川英輔というひとの江戸考証もの、川崎のマイハウス、近くに住んでた藤子F不二雄、「未来の思い出」の映画は、京都にいるとき見に行きました。雅子ちゃんのものも、GOOD GOOD。舞台が中学校だったのも、個人的にベリーグッド、風景が見えました。短編なのがもったいないね。タイムトリップものは、現在との対比を明確にしなければならない分、時代風俗の表現が歴史小説より緻密で、受手にその時代の道徳、社会情勢、流行曲、衣装、等々、あびせ、自分が結末だけを知ってる事件、過去に登場する人物の感情は結末を知ってるだけに、いじらしく思えたり、結末しか知らないだけに、意外な感情が事件を左右するのに気付いたり気付いたタイムトラベラーの心の動き、変わってしまう過去、などなど話に厚みをつくるネタがたくさんあると思うのでこの調子でまた面白いのつくってください。10年以上前、「音の風景」というNHK-FMの番組、よく聞いてました。風土、季節感を音だけで伝えてました。題材は、「函館の波止場」「東北の盆祭り」「秋田の木こり」等々なんだけど、タイトルコールだけがあって、言葉はなく、環境が出す音だけを流し、しばらく経ってから最低限の言葉だけで 状況を伝えてました。各回10分も無い短い番組で、録音してコレクションしてました。ラジオを「〜ながら」で聞く人にも、状況が手短かに伝わるし何よりも、聞き手の想像力を広げてくれると感じました。 (*小学校の同級生・男性)

ラジオなせいか状況が想像上のイメージとして浮かんでくるわけやけど、なんか木曜日にやってる「週間ストーリーランド」をσ(^^;)版として見ているような気分になりました。。。(^^;)それで目からの情報がない分、勝手に場面切り替えというか話に沿った情景とパラで浮かぶ場面(思考かな?)もあったりしました。まあ、そっちはσ(^^;)はどうだったかな・・・って類のものだったんやけどね。(^^;;;)ところでふと思ったんやけど、こういった話を書いていく時って、自分の経験をダブらせるようなことってあるんかな?完全に想像して作った作品の場合、芸能人が多く出てくるテレビドラマにあったりするように「そんなサラリーマンはおらんと思うぞ。。。(--;)」ってな設定があったりすることもあるというか、どー考えても無理のある展開やら状況が出てくることも珍しくないような気がして、現実味がないんやけど、今回の話は記憶上のタイムトラベル自体は想像上だとしても、すんなり話に入って行けたし・・・なんてことを聞いてて思ってました。。。(⌒O⌒ゞまあ、今井さん自体が芸能人みたいな通常とかなり違った生活の中にいるわけじゃないので、単純に比較するのも変かもしれないんやけどね。(*小学校の同級生・男性)

www.masakoimai.com