Masako Imai's Cafe

『パコダテ人』感想  感想2  感想1 公式サイト  作品一覧
感想はメールまたは掲示板で随時受け付けています。いただいたコメントは、こちらで紹介します。パコダテ人公式サイトでも感想文を募集中。Yahoo!ムービーシネこみにもどんどん書き込んでください。宣伝費をかけられないけれど、たくさんの人に見てもらいたい作品。みなさんの口コミが頼りです。(画像は古田まゆ役の前原星良ちゃんが書いてくれた似顔絵)
■おいしい映画情報がギュッと詰まった映画館パコダテ人のページがあります。スタッフ&キャストのページも充実していて、なんと今井雅子のページもありました。
■友人であり女優の宮村陽子5月9日の日記にパコダテ人の感想が書かれています。
NEO'S BOOKSHELF5月2日の日記に「鑑賞レポート」が書かれています。NEOさんはどうやら、わたしの友人で「千葉広報担当」のアサコと同じマンションの住人さんらしく、誘ったアサコが行けなくなったのに銀座まで見に行ってくれたようです。
■友人田村あゆちが3月8日の日記にプレス試写の感想を書いてくれています。4月25日の日記「パコダテ人 in ニュースcafe」では、わたしがゲスト出演した模様をレポートしています。
■友人ままちゃりの4月27日の日記に初日銀座の舞台挨拶の回を見た感想が書かれています。
■「パコダテ人」はとっても可愛らしく元気になる映画でした。オープニングで「パッ!」と「ハ」の文字に○がついた時に僕の期待感にも○がつきました。そして「シッポが生えてもひかるはひかるなんだよ」。ステキな羨ましい家族が描かれていました。そうとうに笑い、その笑いの淵で涙を誘われました。ラストに近づくにつれて、ひかるが家を出ていこうとする場面、パコダテ人のオスがプロポーズする場面、などからクライマックスまで、笑いながら泣きました。■テレビの上に座った僕の猫が、泣き笑いする僕を不思議そうに見ていました。「シッポなら俺にもあるじゃん」と彼が言っているように思いました。■「パコダテ人」の世界。そういうものをバカにしたり、ハナであしらったりする人々が、存在するということが僕には何となくわかります。だけど僕は大好きです。映画を観たあと、すごく気分がパリキリました。(*2004/02/25 DVD)

ただいま、パコりました!いやいや、今日の日和のようにとても温かい作品でしたよ。無味・無臭・無意味で無害なしっぽだったけど、すごく味があって、いい匂いがする作品で、かつ、意味のある内容でしたよ!しかも、見終わったあとに、「暖かくなる」効用まであるじゃないっすか♪楽しい時間をありがとうございました。余談ですが、TUTAYAにて店員さんに「あのっ〜・・・パコダテ人ありますか?」と聞いたら、マッハな勢いで棚に走って、一発で持ってきてくれました。その彼の後姿を今になって思い出せば、腰の辺りが妙に膨らんでいたのは、もしかして・・・・しっぽだったのかもしれませんね・・・・♪。(*2003/10 ビデオ)

www.masakoimai.com