Masako Imai's Cafe
ギャラリー 【drawing】  2008/02/01更新



「ネスカフェ これでもか コレクション」の景品に


50人のクリエイターがデザインしたマグカップとエコバッグを総計100,000名様にプレゼントするというネスカフェの太っ腹企画「これでもか コレクション」(通称「これコレ」)キャンペーンに、クリエイターの一人として参加。娘のたまをモデルに、たまの11/12才の誕生日祝いに贈られたお菓子の家を組み合わせて、コーヒー気分を表現しました。当たった人にはいいことありそうなマグとバッグ、自分でも応募して家宝にします。キャンペーンは2008年2月1日から4月28日まで実施。
◆ネスカフェ「これコレ」サイト
◆ネスカフェ「これコレ」サイト「今井雅子」ページ
◆いまいまさこカフェ日記「たま、ネスカフェの景品に!」
(2008/02/01up)

似顔絵

ネスカフェ「これコレ」キャンペーンで使うプロフィール画像が「イラストでも可」とのことだったので、似顔絵を描いてみました。
◆いまいまさこカフェ日記「似顔絵を描く」
(2008/02/01up)

映画と椰子の木とm&m

昔から絵を描くのは好きでした。カリフォルニアの高校に留学中はコマーシャルアート(商業美術)のクラスを選択。美術教師にして柔道黒帯の日系三世ミスター・カネガイの指導のもと、毎日90分の授業と宿題で1年間描き続けました。これは帰国前に描いた最後の作品。未完成ですが、ミスター・カネガイはこの絵をとても気に入り、サンフランシスコのほうにある美術学校へ見せに行っていました。椰子の木と映画のフィルムとキャンディバー。昔から変わってない好きなものに囲まれての自画像。(2005/05/28up)

鳳凰とm&m

これは半年ぐらい経った頃の絵。スケッチ帳や画用紙に描いた絵は自分で選んだ色のフレームをつけるのですが、そのマッティング用のボード紙を小さく切って貼り付けたキャンバスに絵を描くという工作+絵画のような課題。ミスターカネガイは工作をさせるのも好きで、木工もよくやりました。(2005/05/28up)

ビッグマックが止まらない

商業美術のクラスということで、McDonald'sやCoca-Colaがよく課題に出ました。その経験が後にCokeの広告を手がける会社を志す伏線になったのかも。この絵は「マクドナルドがやめられない」中毒症の女=わたしがモデル。"more""no mote""more"と葛藤しながら虜になっているのですが、太りすぎ注意の警告広告に見えなくもありません。Big Macにも助けられて、1年で20キロの増量に成功。Supersize Meを地で行ってました。(2005/05/28up)

映画『CHORUS LINE』

これは「映画のポスターを作れ」という課題。日本で観たコーラスラインを題材に選び、タイトルの文字をダンサーのシルエットで表現。ホームステイしていたSimi ValleyはHollywoodから車で30分ほどの距離にあるベッドタウンで、ハリウッド映画を近く感じられる街でした。 (2005/05/28up)

車を3種類のタッチで描き分ける

「同じモチーフを3つのタッチで描き分ける」課題。いちばん下はドット。一番上と真ん中の違いは何だったのでしょう。モチーフになぜ車を選んだのか不思議。車には昔も今もほとんど興味がなく、免許も持っていないのですが。 (2005/05/28up)

ドットで描いた蝶のさなぎ

ドットで絵を描くというのをそれまでやったことがなくて、覚えてからは楽しくて夢中になりました。英語がちんぷんかんぷんだった留学初期は、逃げ場として絵を描いていたことも。ホストマザーに「絵を描きにアメリカに来たわけじゃないでしょ」と叱咤され、反省。でも、絵は人と知り合い、言葉を交わすきっかけをくれるコミュニケーションツールにもなりました。(2005/05/28up)


デッサンいろいろ

金髪のクラスメート(ほんまに高校生?というぐらい顔立ちもメイクも濃かった)を描いたり、自画像に日米の国旗やTIME紙が登場したり。アメリカ色が出ています。(2005/10/07up)

コルゲート

留学したばかりの頃に描いた初期の作品。この頃に比べれば、一年でずいぶん描けるようになりました。(2005/05/28up)

masakoimai.com