< *いまいまさこカフェ* ニュース

Masako Imai's Cafe<br>
映画『ジェニファ 涙石の恋』ニュース   2005/11/03更新

北海道の映画祭で相次いで上映
第18回さっぽろ映画祭での上映(2005年11月3日)からひと月後の12月3日、函館港イルミナシオン映画祭にて上映決定(時間未定)。「映画祭シナリオ大賞出身の脚本家特集」での上映で、98年に『昭和七十三年七月三日』、99年に『ぱこだて人』が準グランプリを受賞して今日に至る今井雅子は、ゲストとしてお邪魔する予定。パコダテ人の舞台でもある函館、ひさしぶりに故郷に帰るような気持ちです。

ジェニファ 涙石の恋 DVD/ビデオでどうぞ
公開は終了しています。DVD/ビデオでお楽しみください。感想もお待ちしています。

ジェニファ 涙石の恋 チラシ テアトル新宿にて2004/6/5よりレイトショー
作品のキャッチは「飛べない僕は、もうひとつの羽根を彼女に見つけた」。蝶々の羽根は涙石とともに物語の重要なモチーフになっています。21:20から。

出演:Jennifer Holmes 山田孝之
   浅見れいな 安田暁 湯江健幸 西尾季隆
   阪本真 田中要次 六平直政 遠藤憲一 高橋ひとみ
監督:三枝健起 プロデューサー:佐々木亜希子
co-producer:Robbie Robertson
脚本:今井雅子 音楽:倉本裕基
製作プロダクション・配給:ウィルコ
2003年/日米合作/89分/シネマスコープ/ステレオ
◆劇場パンフに解説を書きました。
◆公式サイトjenifa.jpにコメント掲載。
>>> 2004年6月5日 『ジェニファ 涙石の恋』初日

プレス試写実施中
ジェニファと隆志(山田孝之)の間に入っているコピーは、「人を愛することは、後悔しないこと」。

>>> 2004年5月12日 『ジェニファ』完成披露試写@TATOU TOKYO
>>> 2004年3月12日 『ジェニファ』マスコミ試写開始
>>> 2003年10月29日 『Jenifa』完成試写

2003年6月下旬松本市内にてクランクイン
1月から関わってきた映画『Jenifa(ジェニファ)』の製作発表が19日に行われ、6月下旬にクランクインします。ロケ地は長野県松本市。主演はジェニファことJennifer Holmes。日本の高校に交換留学をした経験がある彼女、1年でここまで上達するとは、と驚くほど日本語ペラペラ。好奇心旺盛で、とてもチャーミングな女の子です。相手役、荒木隆志を演じるのは山田孝之さん。ジェニファのホームステイ先のお寺の住職夫妻は遠藤憲一さんと高橋ひとみさん。お寺の修行僧トリオに西尾季隆さん、湯江健幸さん、坂本真さん。近所の酒屋役に安田暁さん。

監督はNHKで数々の名作ドラマを手がけ、映画『MISTY』『あさきゆめみし』を撮った三枝健起さん。ラインプロデューサーは『MISTY』『あさきゆめみし』で助監督だった橋本直樹さん。撮影監督と照明はハリウッドのチームが担当。『風の絨毯』に続き、合作映画に参加です。今回のお仕事は、『パコダテ人』の前田哲監督の紹介で知り合ったプロデューサーの佐々木亜希子さんから。「アメリカ留学経験があるのなら、ジェニファの経験に通じるものがあるのでは」と話が舞い込み、脚本を書くことに。ジェニファニついて、作品について、くわしくは今後少しずつお知らせしていきます。(ロゴの「J」は「じぇにふぁ」の「じ」が逆転しているんですね)

masakoimai.com