Masako Imai's Cafe
<br>
映画『パコダテ人』ニュース  2005/09/10更新


幸運を呼ぶしっぽ!? DVD/ビデオでどうぞ
ひかる役の宮崎あおいちゃんは、『星の王子さま』『NANA』など話題作の主演が続き、2006年春の朝ドラヒロインにも決定。隼人役の勝地涼君は『亡国のイージス』の如月行役で大注目。古田役の大泉洋さんは東京でも大ブレイク。今ではお宝な顔合わせ。前田哲監督は2006年公開の『陽気なギャングが地球を回す』でメジャーに。この作品で映画脚本家デビューした今井雅子も、脚本のお仕事が続々。ひょっとして、幸運を呼ぶ映画なのかも。観たあなたにも、いいことがありますように。DVD/ビデオでお楽しみください。感想文もお待ちしています。

函館スクープ読めます

リクエストや質問の多かった函館スクープ、劇中で使われた4パターンの紙面の記事は、コピーライター・今井雅子が書いています。全文はこちらでどうぞ。題字は当時勤務していた広告会社の後輩アートディレクター、西尾真人(なおと)君が作ってくれました。

劇場公開チラシ
ハッピーが生えてきた。

笑って、泣いて、
シッポの分だけやさしくなれる。
函館生まれの恋するファンタジー映画。


■INTRODUCTION■映画の街「函館」に、あたらしい宝ものが生まれました。名前は『パコダテ人』。函館港イルミナシオン映画祭第4回シナリオ大賞で準グランプリを受賞した脚本と、かわいい魔法をかけることが大得意な前田哲監督が出会い、心温まるファンタジーを作り上げました。当時15才の宮崎あおいが、天性の演技力で複雑に揺れ動く少女の気持ちを描き、萩原聖人、松田美由紀、徳井優など個性豊かな実力派俳優が物語を盛り上げます。さらに、大泉洋をはじめ道内で絶大な人気を誇る劇団TEAM-NACSのメンバーや、札幌テレビのアナウンサー&キャスターも多数出演。キュートでポップな主題歌は、北見市出身のガールズバンド「Whiteberry」が歌います。『パコダテ人』は観た人みんながハッピーになれる、現代のおとぎ話です。

■STORY■函館の女子高生・日野ひかるに突然シッポが生えた。おかげでクラスメート隼 人との初デートはドタキャン。そのスキに親友の千穂が隼人に急接近して挺ブルー。自称ファッションデザイナーの姉みちるは、自分もニセモノのシッポをつけてひかるを街に連れ出すが、その姿を函館スクープ記者に撮られてしまい日野家は大パニック!さらになんと、もう一人のシッポ人間が出現!こちらは函館市役所職員の古田さん。男手ひとつで子育てに励むまじめな彼も、突然生えてきたシッポに振り回される毎日。愛娘のまゆちゃんは無邪気に面白がるけど、恋する相手にバレないかとハラハラドキドキ。やがて二人のシッポは函館中を巻き込む大事件に発展して……。

公開情報
北海道先行公開(函館アンコール上映・札幌ロングラン上映)、東京公開に続き、大阪、京都、名古屋、広島公開決定!あなたの町でも上映されるように応援よろしくお願いします。

■6/29大阪公開 上映予定2週間(7/12まで)
テアトル梅田 梅田ロフトB1 TEL.06-6359-1080
1日2回上映 10:20 20:55(日曜休)
千日前弥生座 7/5(金)まで
SWINGよしもと横 TEL.06-6633-3028
1日2回上映 16:10 18:00

千日会館 7/6(土)〜12(金)まで
なんばオリエンタルホテル隣 TEL.06-6641-2357
1日1回上映 20:00
動物園前シネフェスタ4
フェスティバルゲート7F TEL.06-6647-7188
1日3回上映 10:35 14:40 18:45

■7/6(土)京都公開 上映予定2週間(7/19まで)
京極弥生座
新京極六角下ル72ビル3F TEL.075-221-2744
1日2回上映 11:00/12:40

■7/13(土)〜26(金)名古屋公開
名古屋グランド
1日1回上映 20:00

■7/20(土)〜26(金)広島公開
横川シネマ TEL.082-231-1001
1日1回上映 11:00

大阪公開案内メルマガ

見て損はさせません!
つまらなかったら何かおごる!

前売り券は劇場、プレイガイドにて1300円で発売中。送料無料のオンライン販売『eMovieショッピング』なら当日券価格1800円で天然毛のシッポ携帯ストラップ(茶または白・劇場価格780円)がついてきて280円のおトク。
※注文フォームには送料700円が加算されますが、請求額は送料を差し引いた金額になるのでご安心を。
印税は入らないけど
家宝におひとつパンフレット600円。

絵本仕立てのパンフレット。表紙をめくったところのSTORYの詩(のようなもの)とサイドストーリー『シッポのおまけ』を書きました。困ったことに、うっかり金髪時代の写真つきプロフィールも。

5/7(火) シネパトスにてトーク&プレゼント大会。

「いまいまさこでどれだけ客を呼べるか見てみよう」キャンペーン実施中。

テアトル新宿に続いて、2回目のトークをやります。初公開のいまいまさこファッションを見たい人、「ここだけの話」を聞きたい人、「ここだけのプレゼント」を当てたい人、すべてをかなぐり捨てて18:30銀座シネパトスに駆けつけてください。
ゲストは他に前田哲監督 木下ほうか(写真左) 大森南朋(写真右・予定)。大森君以外はコテコテ関西人なので、展開は推して知るべし。もちろん、トークの後はパコダテ人上映をお楽しみいただけます。

「え?こんなものまでもらっていいの?」プレゼントを実施
気になるプレゼントの内容を先ほど入手。なんと撮影で使ったシッポが1名様に当たります。これはすごい!他にもパコダテワインとか寄せ書きサイン入りパンフとか……。あとは当日のお楽しみに。抽選はゲスト(わたしたち)が行い、当選番号の方はその場でプレゼントを受け取れるようです。

ハズレなし。全員に特製フィルムしおりプレゼント。
0号フィルムを切り分けたものを、来場者全員に差し上げています。発案した監督が自分の手で黙々とハサミを入れた「しあわせのカケラ」。「アタリ・ハズレ」があるから面白いのですが、わたしにとっては「ハズレなんかない!」。どのフィルムも「作品の一部」だし、「ハズレのシーン」も「当タリのシーン」につながっているのです。いまいまさこ出演シーンは大当たり!?

徹夜で並んでいただく必要は、まずありません。
銀座シネパトスは銀座駅または東銀座駅から徒歩5分。銀座三越先・歌舞伎座手前にあります。TEL.03-3561-4660 座席数200

2002/4/25(木)CS朝日ニュースター『ニュースcafe』生出演
『ニュースcafe』は友人の田村あゆち(写真)がキャスター(火〜木)を務めているニュース番組。CS朝日ニュースターが月〜金の正午12:00から13:55まで生放送でお届けしています。あゆちにパコダテ人を売り込んだところ、番組プロデューサーの方がわたしの名前を記憶していたこともあり、「脚本家 今井雅子」としてはじめてのテレビ出演が決定しました。プレス試写を見て「マスコミ人としても考えさせられる作品」と激賞し、ありとあらゆるパコダテ人資料を読みこんで準備してくれているあゆちが、見どころからファッションやパコダテ語への思い入れまで、原作者ならではのトークを引き出してくれるはず。肩の凝らない友達トークで、パコダテ人ワールドを楽しく紹介したいと思います。抜き素材もバンバン流してくれるそうなのでお楽しみに。4/25(木)12:15〜45の間の20分ほどの時間をいただく予定。CSが見られる方は、ぜひチェックしてみてください。

《報告編》4月4日『パコダテ人』トーク@テアトル新宿
前田哲×田中要次×大森南朋×松田一沙×今井雅子

前田哲監督とBOBAこと田中要次さんの友情で実現したパコダテ人トーク。まずは2人が舞台に上がり、「『王手』という映画で逢うて」という出会いから、とある披露宴での再会、「いつか仕事を」の約束がパコダテ人で果たせたエピソードなどを披露。

「銭湯での銭湯シーン」と函館での撮影を振り返っているところに、『OUT』の打ち上げで田中さんに拉致された大森南朋くんが飛び入り参加。ジャケットの下の『殺し屋1』Tシャツをチラリと見せると会場は興奮。両人とも1日だけの撮影には変わりないが、大森くんは朝市でおいしいものを食べたと聞き、0泊2日の強行スケジュールだった田中さんは「なんと!」と悔しがる。

続いて松田一沙ちゃんが呼ばれ、そのかわいさと顔の小ささに会場は再び興奮。「何かおめでたいことが…」の声を合図に、キャンドルゆらゆらのケーキを持ったわたしが登場。前日パタチになった一沙ちゃんを祝って、会場のみなさんとパッピーパースデーを合唱。わたしは「月刊シナリオ読んでね」「pakodatejin.com見てね」「しっぽつけてね」と話して、おしまい。あっという間だったけど楽しかった!来てくれたみなさんに感謝。P.S.ケーキの横にチラシとペンがあるのは、テアトル新宿でチケット買ってくれた人先着30名様に関係者のサイン入りチラシをプレゼントしたから。

《予告編》『パコダテ人』トーク@テアトル新宿NEWS

前田哲×田中要次×松田一沙×今井雅子
『パコダテ人』トーク
■4月4日(木)よる9時20分
テアトル新宿(伊勢丹新館隣)
■1000円(トーク+上映2作品)

数少ないファン!?のリクエストが聞き届けられ、ドロップシネマ・パーティーのパコダテ人トークに混ぜてもらうことに。メンバーは、監督・前田哲さん、調査団長役の田中要次さん(月9ドラマ『HERO』で「あるよ」のバーテンダーやってた、あの妙に気になる人。挙動から目が離せません)、みちる役の松田一沙ちゃん(黙っててもかわいいけど、喋るとさらにかわいい。惚れますよ)と脚本・今井雅子という、とっても濃い四人。ハイテンションでマイクを奪いあってパコ話を展開することになりそう。一沙ちゃんは前日が誕生日なので、みんなでお祝いしましょう。

トークに続いて上映される作品は、高市知美監督作品「井の頭☆狩人」(40分)と寺尾淳監督作品「プリンセスイヤー」(50分)。私事ですが、「井の頭☆狩人」で脚本協力している川上徹也さんは、昔パーティーで知り合ったコピーライター。脚本書いているのは知っていたけど、こんなとこにも出没しているとは!書いていると、いろんな人とつながりますね。

ドロップシネマ・パーティーとは、3/16から4/5までテアトル新宿で行われているレイトショー・イベント。ENBUゼミの学生たちが現役の映画監督やCMディレクターと組んで制作したコラボレーション・シネマや専任講師の手を離れて新進気鋭のクリエイターが制作したスカラシップ・シネマを連夜上映。その前に行われるトークショーが夜ごとの目玉企画となっている。どんな味が飛び出すかわからないワクワクドキドキ感が名前の由来。

過去のパコNEWS
■4/27(土)より東京公開。今年のGWは上映作品が目白押しで例年になく熾烈な戦いになるとか。何はさておきパコダテ人を見ていただけるよう、よろしくお願いします。
■東京でのプレス向け試写会は4/4まで。立ち見も出ているようです。
■3/16(土) 『王様のブランチ』でちょこっと紹介。
■北海道にて先行公開中。札幌は3/22(金)までスガイシネプレックスにて、その後3/23 (土)から4/4(金)までディノスシネマにて上映。近くにお知り合いのいる方は、ぜひ おすすめください。見て後悔はさせません。家族で見ると夫婦円満、お子さまスクスクは間違いなしです。
■北見と釧路は3/1(金)、苫小牧は3/8(金)、函館は3/15(金)にて終了しました。足を運んでくれたみなさん、ありがとうございました。北見は『オーシャンズ11』についでお客さんが入ったとか。「上映期間が短すぎる!」の声を劇場にぶつけていただけると、再上映があるかも?その他都市も順次公開の予定。
■2/15(金) ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 招待上映
…14・15日と自主参加。夕張の帰りに札幌初日に立ち寄りました。
■01/11/30(金)・12/01(土) 函館港イルミナシオン映画祭にてプレミア上映。

www.masakoimai.com